ワイマックスとADSLはどっちが早い!?

ワイマックス(WiMAX)とADSLの速度を比較する場合、一概にどちらが速いということはできません。
というのも、ADSLはプランごとにかなり通信速度が異なるからです。

まず、ワイマックスの下り最大速度はというと、40Mと公表されています。
これとADSLの速度を比べて、数値が大きければワイマックスのほうが早く、小さければワイマックスのほうが遅いということになります。

ADSLはプロバイダごとに色々なプランがありますが、遅いプランだと1Mのものがあります。
また、逆に速いプランだと50Mがあり、通信速度の幅が広いことが分かります。

数値だけを見ると、ワイマックスとADSLの通信速度には、大きな違いはないといえます。
たとえば50MのプランだとADSLのほうに分があると思うでしょうが、必ずしもそうであるとはいえません。

理由は両者共にベストエフォート型のサービスであるからです。
したがって、必ずしも最大の通信速度が実現するわけではありません。

ADSLを利用した場合、十分な通信速度を確保できない環境で、逆にワイマックスのほうが通信環境が良い状況にあるとしましょう。
この場合、同じ40Mであったとしても、ワイマックスのほうが速い通信が可能なのです。

また、ワイマックスの場合は自宅だけでなく、外出先でもインターネットに接続可能など、やれることが多くなります。
通信速度だけ見るとプラン次第では大差ありませんが、総合的に見るとワイマックスのほうがインターネットに接続できる環境は整っているということになるでしょう。

速度

ワイマックスの速度は!?

ワイマックス(WiMAX)の通信速度には下りと上りがあります。
それぞれに最大速度が設定されており、下りは40Mbps、上りは15.4Mbpsとなっています。

ただし、これはあくまでも理想的な数値であり、必ずしもこの速度が出るわけではありません。
実際にはこの半分しか出なかったり、環境次第ではもっと出ないこともあります。

しかしながら、これはワイマックスだけのことではありません。
光回線やADSLの場合でも、最大速度に達するようなことはまずないでしょう。

また、このワイマックスの速度が速いのか遅いのか、そこが知りたいという人もいるのではないでしょうか。
使用方法でいうと、ウェブサイトの閲覧やメールの送受信ぐらいしかしない人もいるでしょう。

こうした操作に関していうと、かなり快適に利用することが可能でしょう。
また、動画の視聴に関しても、ある程度速度が出る状況であればストレスなく見られるはずです。

なお、ワイマックスを利用すると、プロバイダ契約の場合は1年縛りや2年縛りがあります。
この期間が経たない間に解約すると、違約金を請求されることになります。

今は新しいワイマックスが提供開始されていますが、先述した通信速度よりだいぶ改善されています。
今後も通信速度は速くなる予定のため、特にワイマックスを契約したら縛りの期間中に通信速度が改善されたというようなことは十分に起こり得ます。

新しいワイマックスというとワイマックス2+がありますが、今から利用するなら新しいサービスを利用したほうが快適に通信を行うことができるでしょう。